フォトフェイシャルでのにきび治療の注意点

rukw

フォトフェイシャルのにきび治療は、肌への負担も少なく効果のある方法ですが、
いくつか注意すべき点もあります。

フォトフェイシャルによる治療もレーザーと同じように
1回の施術では大きな効果を得ることはできません。

大抵は、3週間程度間をあけながら、5~10回ほどの治療をするという形になります。

短くても3カ月、長くて7カ月はかかる見込みになります。
フォトフェイシャルの治療費は、1回毎に発生するものがほとんどです。

顔じゅうにフォトフェイシャルをした場合、1度の施術で1万~5万ほどかかります。
治療効果が見られたことで最後までやり通すことになるとかなりの治療費になるでしょう。

予算との兼ね合いをよく考えてからフォトフェイシャルのにきび治療を受けなければなりません。

肌に負担の少ないフォトフェイシャルとはいえ、治療を受けることができない人もいます。

日焼けが濃い人、アトピー肌の人、光過敏症の人、
妊娠している人はフォトフェイシャルは避けましょう。

お肌がフォトフェイシャルの刺激に対して弱くなっている人なので、
施術はおすすめできません。

フォトフェイシャルでにきびを治療したいという人は、
通いやすそうな医療クリニックのカウンセリングなどをまず受けてみるといいでしょう。

費用の面や体質の面で納得できてから、フォトフェイシャルのにきび治療を受けることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>