リバウンド対策には適度な運動を

eaur

ダイエットで体重を減らしても、リバウンドでまた増えてしまっては苦労が水の泡です。リバウンドを体重を減らしたとしてもしない体質に変えるために大事なのは、運動を適度にすることです。毎日きっちりと運動する必要はないので、有酸素運動や筋トレを1週間に1~2回ぐらいするように意識しましょう。

運動によって消費カロリーを増大し、より効果的にダイエットができるだけではなく、筋力アップをすることもできます。リバウンドしにくい体に変化するのは、筋肉を鍛錬することによって基礎代謝が上がるからです。極端な食事コントロールと激しい運動とを一緒に行うと、バウンドを反対にしやすくなるといいます。肉類などのたんぱく質がどうしても少なくなりがちなのは、体重を減らすため、無茶をして摂取カロリーを抑えた場合です。栄養の中でもたんぱく質は筋肉をつくるためになくてはならないものです。体は、最終的には筋肉を分解してまでも、運動で体がエネルギーを欲したときにエネルギーを生み出そうとするものです。毎日一定の割合でたんぱく質が利用されています。筋肉をつくるもとがなくなっていき、体の筋力が、たんぱく質を補充しなければどんどん減少してしまうでしょう。体の筋肉が少ないと新陳代謝がダウンして、食事量を少し元に戻しただけでリバウンドする体質になってしまって、体重が戻ってしまうことになるでしょう。運動をすることが、体重を落としながらリバウンドをしないようにするには重要なことです。ダイエット中に心がけたいのは、リバウンドを防ぐためにも運動だけでなく、質の良いたんぱく質を適量補充することです。

脱毛ラボ 予約

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>