もし、あなたの結婚相手が不倫をしていた場合、

assft

もし、あなたの結婚相手が不倫をしていた場合、あなたの配偶者と交際相手に慰謝料を請求することができます。

ところが、あなたの配偶者が不貞を犯す以前から、夫婦としての会話がない、いわゆる家庭内別居というような状態であったり、すでに夫婦であるとは言いがたい状態だった場合は、慰謝料を求めることが難しいでしょう。

慰謝料は、どの程度精神的に傷ついたか、夫婦の歳、結婚年数などいろいろな事を鑑みて裁判所が決定します。

飲食店を利用した際の領収証には飲食時の人の数が特定できるように記載されている事もあるので、浮気の動かぬ証拠となるでしょう。

さらに、クレジットカード使用時の支出については月ごとに確かめるようにします。

仕事で利用したのにビジネスホテルではなかったり、一人で宿泊したにしては高額だったりすると、一人ではなく誰かといたと推測される場合があるでしょう。

料金について成功報酬制を採用している探偵事務所は、調査に成功したケースでしか料金が発生しないという懸念があるため、成功報酬の金額は割高に設定されていることがほとんどです。

そのように考えると、成功報酬であっても、浮気調査費を安く抑えられるわけではないのです。

調査能力がどこまであるのかなどもよく確認して、信頼できる料金システムを提示している探偵事務所に依頼すれば心配ありません。

不倫問題を相談したいと考えるなら弁護士に相談するのがオススメです。

離婚する方向に考えるのか、不倫相手から慰謝料を取る方向に考えるのかをまず考えてから相談するといいでしょう。

もし、不貞の証拠を掴もうとしている場合には、探偵事務所とか、興信所に行って相談するのがいいです。

相談者が女性の場合、近所の奥さんや友人に相談してしまう人も多くいるのですが、近所の噂のタネになりたくない時は、相談しないようにしましょう。

もし貴方が浮気されて、「裏切られた!!」と感じ、慰謝料を請求する場合には、相手の身元はおさえておかなければいけませんし、何回もやっているのであれば、その都度都度の過ちの証拠を確保しなくてはなりません。

その辺を探偵社に調査して貰うようにすれば、不倫の証拠をプロならではの手段と方法で、貴方に届けてくれますし、裁判では、貴方の気分をスッキリさせてくれる材料を用意してくれるでしょう。

探偵の浮気調査の場合でも失敗することがないことはないのです。

探偵が浮気をはじめとした調査の達人だといっても、思わぬミスをすることがありえます。

調査対象が不意に車に乗るとか、電車に飛び乗ったり、尾行に感づいてしまうこともあるでしょう。

また、浮気調査期間中に不倫相手に会わない時には証拠を掴みきれません。

夫の浮気相手のところに妻が談判に行って惨憺たる状態になるのは、ドラマ・芝居で目にすることも多いです。

ご主人の方が浮気の現場に踏み込んだら、殺傷沙汰にまでなってしまうシナリオもよくありますね。

配偶者の浮気の現場に自ら乗り込むのもあっていいやり方でしょう。

離婚になってもいいと思う場合は、試してもいいと思います。

妻又は夫が浮気していることが明らかになっても今後も、パートナーであり続けたいのなら昔でいう「逢瀬」の場に、勢い込んで行くのはしないほうがいいでしょう。

浮気していることを指摘された結果、配偶者が浮気を正当化したり、逆上してしまい、離婚を避けられない事態に陥る可能性を否定できません。

しかも、浮気相手に直接関わった結果、大きなストレスになってしまうのです。

着ている服を見て浮気の事実を突き止めることができます。

浮気をしている人に、分かりやすく現れるのは格好の変わりようです。

おしゃれにはこれまで疎かったのに、おしゃれを急にするようになったらよく見ることが重要です。

これから先浮気をしようとしていたり、前から浮気の相手が存在するかもしれません。

どうしても探偵を雇うと料金が高いので、自分ですればいいと考える奥さんもいます。

難なく尾行しているようにテレビドラマを見れば思ってしまいますが、実際にやってみるとそう簡単ではなく、相手に勘付かれずにつけるのは簡単じゃありません。

勘付かれれば警戒をされるものなので、本当に浮気していなかったのかわからなくなってしまうこともあります。

絶対に相手の尻尾を掴みたいなら、プロに浮気調査をお願いするべきです。

結婚相手の浮気調査を委託する場合、相当低い料金設定であったり、または高過ぎる料金であったりする業者ではなく、明瞭で詳しい料金設定がなされており、後で追加料金を請求してこないような探偵事務所が良いかと考えます。

他には、探偵業者としての必要届出を済ませているのかどうか事前に調べておくべきです。

違法に調査を実施している業者へは依頼しないように気を付けましょう。

ご自身での浮気調査がオススメできない理由はカッとなってしまう可能性は否定できません。

 強い心を持っている人でも、最愛の人の密会現場に遭遇してしまうとその場の激情に身を任せてしまうケースが発生することも多いのです。

スムーズに物事を進めるためにも浮気の証拠を押さえるためにも、浮気現場を押さえるのは探偵に任せるべきでしょう。

問題なく探偵が調査をしていても、肝心の依頼者が普段とは違う態度をとってしまい、パートナーが何か変だなと勘付いてしまって証拠を残さないようにし始めたりして、失敗してしまう場合もあるでしょう。

探偵に依頼したからといって、確実に証拠が集められると決めつけてはいけません。

うまく行かなかったときの報酬についても、契約書を作る際にちゃんと確認しておきましょう。

探偵に浮気の調査を要請して、歴然とした証拠が発見されれば、配偶者と不倫相手には慰謝料を求めることができるのです。

パートナーが信用できなくなってしまうと人生を一緒に歩むのはストレスは相当なものになりますから、しっかりと慰謝料の請求をし、結婚生活と決別することもいいかもしれません。

それと、原因となった不倫相手に慰謝料の支払いが課せられれば二人が別れることは間違いないでしょう。

どれぐらいの期間、浮気調査にかかるのかというと、平均では一週間以内です。

とはいっても、これはあくまで一般的な期間です。

浮気の証拠をなかなか残さないタイプのパートナーだと、1週間から1カ月くらい調査期間が必要になることがあると思っていてください。

一方で、浮気するだろうという日が特定済みの場合は、たった1日で調査が完了してしまうこともあるのです。

浮気の裏付けがSNSでばれてしまうこともあります。

一般的に、SNSは本名を公開しない特性がありますのでパートナーも無意識のうちに、私生活についてさらけ出しすぎてしまう事が多発しているように思われます。

場合によっては、浮気を証明する根拠となる行動をネットにアップしてしまう事もあるのです。

相手のアカウントを知ることができるなら調査してみて下さい。

浮気調査を依頼して探偵に支払う費用内訳は「実費」と「時間給」の2つに分けることができます。

実費とは具体的には交通費やフイルムや現像料などをいいますが、張り込み時の食事代が加算される場合もあるようです。

時間給は、人数×時間で費用が算出されます。

浮気調査を行う期間が短ければ請求金額も少ないです。

カーナビにより浮気の事実を証明できます。

みつからないようにカーナビに残っている履歴を確認することで、浮気相手とドライブデートしたというところを見つけられるのです。

あまり見たことのないところの履歴があった場合、気を付けなければいけません。

それに加えて、しばしばガソリンが入れられていた場合、デートに車が使われている場合があります。

成功報酬の難しいところは、もし、浮気調査の依頼したとすると、調査期間が3日間だったとして3日間で浮気が発覚しなければその調査は成功したということになってしまいます。

浮気しているのかは分からないまま、調査中に浮気が見つけられなかったら、浮気の証拠がつかめないまま、調査は完了し、成果もないのに成功報酬を支払わざるを得なくなるでしょう。

調査員を何人でみておけば良いのかというと、調査内容により、さまざまではありますが、多くの場合、調査は2人くらいで行うと言われています。

ただ、まだ浮気がシロかクロか不明な場合では、浮気をしているかの確認を調査員1人で行う場合が多いです。

浮気が現実であると判明したら、再度相談をして調査員の数や方法など進むべき方向を決めます。

車の目立たない場所にGPS端末を取付して、移動の履歴をリアルタイムに監視し続け、現在地を確認したり記録したデータを後から取り出して様々な分析をすることも可能です。

普段、運転しないような人の場合は、身の回り品にGPS端末を忍ばせる、という方法もあります。

それによって、相手が行った場所や何時間滞在したのかもわかってしまうでしょう。

法律上では、既婚者が配偶者以外の異性と故意に性的に親密になることを浮気といいます。

すなわち、法律上では、肉体関係を持っていない場合には、食事をしたりカラオケに行く程度なら、浮気とはいえません。

性的関係にあることを自分で調べるのは難しいかもしれませんが、探偵や興信所の力を借りるということも考えてみてもいいかもしれません。

探偵を依頼することでなにが出来るかと云うと浮気の証拠をつかむ事です。

浮気を疑われる様子を相手が見せた場合、最初は自分でなんとかしようとすると思います。

ですが、自分だけで浮気の決定敵な証拠を集めようと思っても、相手に感づかれてしまう可能性が高いです。

その原因ははっきりしており、あなたの顔が相手に知られているからです。

探偵が尾行する際の料金はどのくらいかと言うと、調査員の数によっても変わりますが、1時間で1万円から3万円ほどと考えてください。

言うまでもありませんが、調査員が少ない人数なら安く、多ければ多いほど高くなります。

そして、尾行時に車やバイクを使うと、別に交通費や車両費として請求される場合がありますので、確認が大切です。

パートナーの浮気リサーチを探偵や調査員のようなプロに依頼する際は、一般的には、調査員の人数と浮気調査の期間をあらかじめ打ち合わせをしておきます。

時間給の相場は1時間あたり1万円以上なので、調査が長期になれば支払う費用も高くなるのです。

探偵業者によって、使う機器や調べていく人の才能には差があるため、口コミなども調べていったらいいと思います。

不貞の慰謝料は200万円前後が相場ですが、50万円程度のケースもありますし、ケースによっては400万円くらいのこともあります。

離婚しなくても慰謝料を求めることができますが、金額は少なくなってしまいます。

さらに、不倫相手の方が不倫の事実はなかったと主張する場合には証拠が必要となります。

第三者からみてもはっきりとした浮気の証拠が必要です。

GPS装置を用い、良く通っている地域の情報を得て、良く見える場所で観察し続けると、待っていればパートナーはそこに行くはずなのですから、浮気の証拠をつかむことができると思われます。

依頼するお金が無い場合には、GPSの機械で所在を調べるのも、ひとつの方法ではあります。

ただし、その装置を仕込んだことがバレてしまい、追及される種になることもあります。

探偵の仕事は依頼された調査を行えばそれで終わりとは言えません。

浮気の実態を調査し始めると、思ってもみないトラブルが起こる時があります。

そういう時に、一番に依頼人のことを最優先に考えてくれるのが信じられる探偵と言えるでしょう。

信頼してもいい探偵なのかは、相談した時の対応などで落ち着いて決めてください。

興信所と探偵事務所の違うところですが、これと言って無いと言っても良いでしょう。

両方とも、浮気調査から身辺調査、他にもストーカー対策、行方不明者の捜索のような仕事内容は類似しています。

ただし、違いをあげるとしたら、企業や団体からの依頼の多くは興信所に、個人は探偵に頼るようです。

浮気調査してみたところ配偶者が浮気していることが発覚したならば、結婚生活を維持するかどうか心が乱れますよね。

まず頭を冷やして、先走って浮気調査を依頼してしまわずに、よく考えておくことが賢明です。

夫婦である以上、不貞行為がないというのが当然のことですから、慰謝料を支払うよう配偶者とその不倫相手に求め、結婚生活を解消するのもいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>